シズニは民度が低い?NCT127(イリチル)空港出待ちに声明文

Is Shizuni low in popularity? Statement on NCT 127 (Iritil) airport waiting K-POP

5月22日、28日、29日に日本で行われたNCT127(イリチル)初のドーム公演。
東京公演の様子はWOWWOWでも配信されるなど、約2年ぶりの来日ライブは大盛況に終わりました!

と、言いたいところですが最後の韓国へ帰国する空港で事件が起きてしまったのです。

今回のドーム公演後の空港での行為に、NCT127(イリチル)運営側は声明文を発表するなど、一部の方による迷惑行為にかなり怒りを見せているようです。

今回は、ドーム公演後に怒った迷惑行為の概要と、シズニファンにはどのような方が多いのか見ていきます!

ゆる
ゆる

\この記事で分かること/

・NCT127(イリチル)ドーム公演後の空港での迷惑行為について

・NCT127(イリチル)運営側の激おこ声明文について

・NCTファン(シズニ)は民度が低い?シズニが怖いと言われる理由

※この記事で紹介しているのは、一部のマナーの悪いシズニであり、全てのシズニが悪いわけではありません。その点ご了承ください。

スポンサーリンク

NCT127(イリチル)ドーム公演後の空港での迷惑行為について

K-POPアーティストの空港での出待ち行為。
今では、当たり前のように行われ空港での写真も多く出回っています。

しかし、本来であればこの様な行為は禁止されていますが事務所も止めることはできないため、マナーやルールを守れば良いというような黙認状態となっています。

しかし、今回NCT127(イリチル)初の日本での公演終了後の空港での一部の方々のマナーの悪さや迷惑行為に運営側がかなり怒っているようで、声明文が発表されました。

NCT127(イリチル)運営の迷惑行為に対する声明文

NCT127(イリチル)の運営が発表した声明文は以下の通りです。

いつもNCT 127を応援いただき、誠にありがとうございます。

先日、NCT 127が名古屋・東京公演を終え帰国する際に空港に大勢の方が見送りに来られていました。
その際に集まった方々のあまりにも酷く、マナーに欠ける行動が見受けられました。

大前提といたしまして、メンバーの出入国など公式的なスケジュール以外でメンバーに会いにくる行為は禁止となっております。空港やホテルなどでの待ち伏せ行為は絶対におやめください。
これまでもファンのみなさんの空港での出待ち行為は一部見受けられましたが、空港警備職員の方やNCTスタッフの指示に従い、マナーを守っていただけていたため黙認しておりました。
しかしながら先日の帰国の際には、決められたエリアを無視し、数百人という人数がメンバーを囲んでしまう事態となりました。

その過程で押し合いが生じたため、メンバー本人たちはもちろん、一般のお客様やスタッフの安全を脅かし、怪我を負う危険性がございました。結果、空港をご利用の一般のお客様の通行妨げ、空港に設置された備品の物品破損が起こってしまいました。

また、無許可撮影による肖像権侵害も発生し、特に金銭の授受を伴う代理撮影も顕著に見られ、NCT 127を応援する気持ちもなくただ写真を撮ることだけを目的としてメンバーに近づいて撮影をするという非常識な行動が見られました。

応援する気持ちを迷惑行為という誤った行動で表現する一部の方々により、
『NCT 127はそういうアーティストなんだ、NCT 127のファンの方々はそういうことをするんだ』と空港関係者の方々はもちろん、空港をご利用の多くのお客様に誤解を与えてしまったことを非常に残念に思います。

もちろん多くのシズニのみなさんがルールを守って応援してくださっていますが、待ち伏せ行為を行なった方々におかれましては、
自分の行動に関して、応援する気持ちの表現に関して、何が正しいのかを今一度お考えいただければと思います。

マナーを守りNCT 127を応援してくださるシズニの皆様には改めて御礼申し上げます。
今後ともNCT 127をよろしくお願い申し上げます。

2022.06.01 wed 引用:NCT日本公式サイトより(https://nct-jp.net/news/detail.php?id=1100207

NCT127(イリチル)空港出待ち悪いのは誰?

今回この様な声明文が公式から発表され気分を悪くするシズニも多くいるのではないかと思います。

特に、声明文で気になるのが

また、無許可撮影による肖像権侵害も発生し、特に金銭の授受を伴う代理撮影も顕著に見られ、NCT 127を応援する気持ちもなくただ写真を撮ることだけを目的としてメンバーに近づいて撮影をするという非常識な行動が見られました。

という文章が見られます。

この文章は、いわゆる”デリチク“と言われる方に向けた文章と見られ、今までの多くのK-POPアーティストの空港やライブでもデリチクの存在は多く見られ、黙認されていましたが今回この様に公式からデリチクに声明文が出されたのは初めてではないのでしょうか?

デリチク“については以下の記事で紹介してます。
デリチクとは?空港での被害も問題化

今回の迷惑行為の発端はデリチクが原因

この様な声明文が発表されたのは空港で出待ちを行っていたシズニのマナーが悪かったのでしょうか?

実際に空港で出待ちを行っていたシズニの声をまとめました!

今回、空港で出待ちを行っていた日本のシズニは、決められた場所でメンバーの登場を待機し、メンバーが現れた際も変わらず同じ場所で見るようにしていたようです。

しかし、いざメンバーが登場するとメンバーの周りには既に多くのデリチクが取り囲み、ルールを守って出待ちしていたファンがメンバーが見えない状態でした。

そのためメンバーを見るためどんどん、前に行きメンバーに近づいてしまうということになったようです。

また、SPの方の
脚立に出さないでください。乗らないでください」という注意やマスク着用の呼びかけも全て無視であったようです。

風貌からおそらく中国人の20代ぐらいの男性数名ということで、明らかにシズニではないことから、デリチクで確定ではないかと思います。

声明文にもあるよう、たしかに出待ちを行うのはよくありません。
しかし、今まで黙認していたこともあるので、ルールを守り、迷惑をかけないのであれば、出待ちをしていてもそこまで問題にはなっていないかと思います。

今回この様な問題が起こってしまったのは、デリチクのマナーの悪さがかなり目立ったためNCT127(イリチル)の運営側も、シズニにというよりはデリチクに対してこの様な文章を出したのではないかと考えられます。

デリチクとは?空港での被害も問題化

NCTファン(シズニ)は民度が低い?

今までも、
シズニは民度が低い
シズニは怖い

という様な声は度々上がることがありました。

しかし、日本のシズニはその様な印象はなく本国のシズニの民度の低さが影響しているようです。

実際に、本国(韓国)での出待ちの様子も日本とはかなり差があるようで、
日本のシズニは決められた場所でルールを守り出待ちをする方が大多数なのに対して

韓国では、ほぼ張り付くレベルでメンバーに近づいたり写真を撮ったり、叫んだりとかなり民度が低い状態のようです。

また、日本では他の参戦者の邪魔にならないよう靴もスニーカの方が多いですが、韓国ではより見えるようにと厚底での参戦者も多いようです。

実際に、韓国のライブでは写真撮影がOKであったりするのでその辺りも国柄が出るようですね。

今回の日本のドームツアーのライブでも日本人以外の参戦者がTwitterのライブ配信で生歌を流す様な行為も見られました。

しかし、今回の空港での行為はデリチクの迷惑行為によりメンバーが見えなかったのは事実であったとしても、ルールを破りメンバーに近づいた結果、空港関係者や一般のお客さんに迷惑をかけ、NCT127(イリチル)の印象を落としてしまったことは事実です。

今後このようなことがないよう、責任のある行動を行ってほしいと思います。

NCTファン(シズニ)は民度が低いのかまとめ

今回は、NCT127(イリチル)初のドーム公演後の空港での迷惑行為をもとに、日本と他国でのシズニの民度の違いなどをまとめました。

今後も、日本でたくさん活動してもらうためにも日本のシズニとして誇りを持って適切な対応やルールを守り、メンバーの笑顔とパフォーマンスを1番に考えて応援していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました