パク・ソジュン「京城クリーチャー」でハン・ソヒと共演

Co-starred with Han So Hee in Park Seo-joon's "Kyojo Creature" ドラマ


韓国で2023年放送予定の新ドラマ「京城クリーチャー」でパク・ソジュンとハン・ソヒが共演することが決定。
パクソジュン、ハン・ソヒそれぞれの役や京城クリーチャーのあらすじ、日本での放送予定など詳しく見ていきます!
今誰もが知る人気俳優のパク・ソジュンの最新作として、日本でも早くも期待が高まっています。

スポンサーリンク

パク・ソジュン主演「京城クリーチャー」とは

韓国で2023年に放送予定されている「京城(キョンソン)クリーチャー
大人気俳優パクソジュンと話題作に次々出演し、人気女優となったハン・ソヒ2人の初共演に期待が高まる新作ドラマ。
どんな物語なのか、今からしっかりチェックしていきましょう!

「京城クリーチャー」の基本情報

「京城(キョンソン)クリーチャー」は時代の闇が最も深い1945年の京城の春を舞台に、生きることが全てだった2人の若者が、欲望の上に誕生した怪物と対立するクリーチャースリラードラマです。
生と死の境界で熱い死闘を繰り広げる人々の物語の原因を解明し、心が洗われる浄化共に人間の尊厳人間らしさとは何かについて根本的な質問を投げかけます。

「浪漫ドクター キム・サブ」シリーズで知られ、絶対的な支持を得ている脚本家のカン・ウンギョンと「ストーブリーグ」を通じて熱い演出を披露したチョン・ドンユン監督がタッグを組み少し変わったクリーチャードラマの誕生に期待が高まっています。

「京城クリーチャー」あらすじ

ハン・ソヒ演じるユン・チュオクは、10年前に姿を消した母親を捜すため京城に行くことに。
そこでパク・ソジュン演じるチャン・テサンと出会う。

謎の連続失踪事件を追っていく中で、悲惨な現実と向き合うことになる2人…。
時代の闇が最も深かった1945年春の京城を舞台に、2人の若者が貪欲によって生まれた怪物に立ち向かうクリーチャー(怪物)スリラー。

「京城クリーチャー」パク・ソジュンの役は?

それでは、2人が演じる役を今解禁されている情報を元に見ていきます!

チャン・テサン役/パク・ソジュン


パク・ソジュン演じるチャン・テサンは京城(現ソウル)の北村で最も有名な資産家であり、京城一情報通。
生き残るためなら何でもするチャン・テサンは、親和力や世間の事情に関する知識が高い人物であった。
世間が言う大義や正義にはあまり関心がなく、目の前の現実を優先する人物であったが、ユン・チェオック(ハン・ソヒ)に出会い、「人間らしく生きること」について悩み始める。

パク・ソジュンコメント

「京城という時代的背景に関心を持ちました。そのような背景を持つ作品に出合い、素晴らしい脚本家や監督、スタッフの方々と一緒に作業することになり、胸がワクワクしています。これから俳優として一生懸命に“チャン・テサン”を表現したいです」

ユン・チェオック役/ハン・ソヒ


ハン・ソヒが演じるユン・チェオックは、死んだ人も探し出すことで有名な「トドゥクン(行方不明になった人を探す人々を呼ぶ別称)」。
幼少期に父から、生き残るノウハウを培ってきたユン・チェオク。悲惨で悪夢のような現実も、執拗に生きてきた彼女は銃や刀をはじめ、扱えない機械がなないほど使いこなす。
10年前に行方不明になった母を探すため、京城に来た彼女はチャン・テサンと出会う。
謎の連続失踪事件を追う中、悲惨な現実に直面することになる。

ハン・ソヒコメント

「外見は強く見えるが、温かい心を持つチェオクのように、多彩なストーリーで溢れている『京城クリーチャー』を通じて、新しい姿でご挨拶できて嬉しいです。皆さんの大きな関心と期待に応えられるように頑張って、より良い姿で会いたいです」

その他の登場人物とキャスト

2022年3月時点では、パク・ソジュンとハン・ソヒ以外のキャストは発表されていません。
2023年の放送に向けて、今年1月本格的に撮影が開始されました。

今後、新たな情報が公開されますと都度更新していきます!

パク・ソジュンの新作ドラマ「京城クリーチャー」日本での放送は?

2022年1月に本格的に撮影が開始され、韓国では2023年放送予定です。
多くの配信サービスで韓国ドラマが身近な存在となりましたが、日本での放送は通常1~2年遅れての配信となります。

そのため、2年後の2024年以降の配信となることが予測されますので、日本で2人の共演が見られるのはもう少し先になりそうですね。

京城クリーチャーは半日ドラマなのか?

京城クリーチャーの情報公開に伴い、日本では”半日ドラマではないか?”という声もあがっています。
なぜ半日ドラマと言われるのか、調べてみました。

京城クリーチャーが半日ドラマと言われる理由

今回舞台となる”京城”ですが、実は昔
韓国の首都ソウルが日本の植民地であった時代の呼び名
であると言われています。

そのため、京城という名前がタイトルに使われていることもあり日本の統治下の話であることが予想されることから半日ドラマではないかと言われているようです。

具体的な内容は解禁されていませんが、京城時代を知る方はタイトルから少し引っかかる部分がありそうですね。

京城ってどんなとこ?

ドラマの舞台になる京城。
パク・ソジュン演じるチャン・テサンが住む北村は上流階級の方が住んでいたとされ、現在も伝統的な韓屋が並ぶ町並みとなっており、観光地としても有名なスポットです。

ドラマの背景である1945年代は、京城の南側に日本人街があり北側に朝鮮人街があるとされ、今回のドラマでは北側での話とされています。
ドラマ内でも、現地で撮影が行われている可能性も考えられますね!

パク・ソジュン、ハン・ソヒが共演する「京城クリーチャー」の期待の声

Twitterにあげられている期待の声を集めてみました。
まだ撮影開始段階にも関わらず、パク・ソジュンの最新ドラマ、ハン・ソヒとの初共演というだけで多くの期待があげられています!

パク・ソジュン主演「京城クリーチャー」まとめ

現段階で分かっている情報を元に、京城クリーチャーの情報をお伝えしました。

  • 1945年の京城を舞台に、人間の欲望や尊厳、人間らしさとはという問題を考えるクリーチャースリラードラマ
  • 2023年韓国で放送開始され、日本での放送日は未定
  • 京城とは現代のソウルが日本の植民地時代の呼び名であったことから半日ドラマではないかという声があがっている
  • パク・ソジュンの最新ドラマ、ハン・ソヒとの初共演に期待の声が早くもたくさん!

日本での配信はまだ先になりそうですが、期待されていることは間違いありませんね!
随時発表があれば情報を更新していきます!

タイトルとURLをコピーしました